橋本テツヤの快適老齢術

「生活不活発病」に気をつけろ!

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ある会合で「うちのカミサン、ゴミ出しをしないと怒るし、食事の後片付けをしないと機嫌が悪くなるのですよ。これって典型的な悪妻ですよね」と団塊世代の男が話しかけてきた。自分の妻が「悪妻」であることに同調してほしかったのだろうが、僕は「奥さんは悪妻どころか良妻です」と答えた。

 意に反する答えに彼は不満顔だったが、「もし奥さんに先立たれたら、あなたは家事ができますか?」とこう問いかけると、まったくできないと言う。彼の妻は自分がいなくなったら困るだろうと、家事を学ばせようとしたのだ。こうした妻こそが「良妻」といえる。「生活不活発病」というのがある。家庭の中で動かない状態が続くことで、心身の機能が低下して本当に動けなくなるというものだ。だから自分でできることは自分でやる。面倒だと思うことも積極的にやる.そうすることで健康な体を維持することができる。

 家事を一切やらない中高年の中には、食器の洗い方も知らない人がいる。食器に洗濯洗剤を大量にかけて、台所を泡だらけにした人もいた。高齢者の「独居世帯」が増えているが、男の一人暮らしは近所付き合いもなく、缶チューハイにコンビニ弁当を食べながらテレビに向かって会話している。僕はそんな生活はしたくないので、日々、洗濯、掃除、料理を積極的にやっている。料理は食材の買い出しが面倒だが、スーパーに行くと何が安いのか、何が売れているのか一目瞭然。社会勉強にもなる。調理は下ごしらえ、味付け、盛り付けまで段取りを考えなければならない。これが脳の若返りに役立つ。立って調理をすることで下半身の筋力も衰えない。自分で作った料理をおいしく食べて幸せを感じることは、人生を若々しく過ごす秘訣でもある。

1 / 2 ページ