愉快な“病人”たち

大谷昭宏さん 病気で「死」に対する心持ちが変わった

ジャーナリストの大谷昭宏さん(C)日刊ゲンダイ
ジャーナリスト71歳<肝内胆管がん>

 自分が肝内胆管がんなのだと分かったときは、正直「やばい」という思いはありました。といっても遺書を書くなんてことは考えなかったですけど、「自分の死」を身近に感じたことは確かです。

 幸い早期に見つかったので助かりましたが、見つかりにくいがんなので、手遅れになる人が多いと聞きます。そういう意味では私の場合、主治医と検査技師の腕が良かったのだと思いますね。

 異変が見つかったのは、2014年5月に受けた人間ドックでした。実は私、年に2回、人間ドックを受けているんです。29年前フリーになったとき、かかりつけ医に「おまえはむちゃをするから年に1度じゃ足りない。2回やりなさい」と言われてね(笑い)。

 若い頃から不規則な生活をしてきましたし、たばこは毎日ショートピースを50本、酒量もかなり多めでしたから、決して大げさな助言ではなかったと思います。毎回、半日ぐらいかけて脳ドック、全身のCT、腹部と胸部のMRI検査をしていました。そしてあの年、「肝臓に怪しいもの」が見つかったんです。その時点で、医師は「ひょっとすると肝内胆管がんかもしれない」と疑ったようです。

1 / 5 ページ