医者も知らない医学の新常識

タンパク質を効率よく筋肉に 高齢者は寝る前にプロテインを

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 タンパク質は肉などに多く含まれ、筋肉の原料になり、体のエネルギーにもなる3大栄養素のひとつです。

 一時期「肉を食べると病気になりやすい」というような意見が多く聞かれたことがありました。今では炭水化物の制限が広く健康法として行われるようになり、「タンパク質はむしろ多く取った方が健康にも良い」というような意見が多くなっているようです。

 タンパク質はもちろん体に必要な栄養素ですが、一定の量しか体では利用はできません。その量には個人差がかなりある、という点が他の栄養素とは違います。無理にたくさんのタンパク質を取ると、腎臓に負担がかかってその働きが悪くなることもあります。ただ、高齢になるときちんと食事を取っていても、筋肉の量が減り、体力が低下するということがしばしば起こります。

 こうした時に効率良くタンパク質を筋肉にかえる方法として、最近注目されているのが、寝る前にプロテインを取る、という方法です。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事