年をとったら「太る」を目指す

餓死を招くケースも リハビリにおける栄養管理の重要性

栄養管理は大切(C)日刊ゲンダイ

 リハビリにおいて、栄養管理が非常に重要だと考えられ始めたのは2010年以降でしょうか。私が「リハ栄養」に関する本を出したのがきっかけになったと思います。

 私自身、医学教育で栄養についてしっかり学ぶ機会がなかったこともあり、かつては栄養に対してほとんど関心がありませんでした。多くの医者が今でもそうでしょう。

 そんな私が栄養の重要性を意識したのは、ある高齢の患者さんの死がきっかけです。

 その方は脳梗塞でリハビリをなさっていた方でした。脳の働きは正常でしたが、脳梗塞の後遺症で体のバランスを取りにくくなっており、さらに重度の嚥下(えんげ)障害がありました。

「リハビリを一生懸命やって、早く自宅復帰をしたい」

 その一念で、非常に熱心にリハビリに取り組んでいました。ところが、リハビリをやればやるほど、どんどん痩せていく。飲食ののみ込みがうまくいかないことと、栄養管理が悪かったことが原因です。

1 / 2 ページ

若林秀隆

リハ栄養、サルコペニア、摂食嚥下障害を特に専門とする。日本リハビリテーション医学会指導医・専門医。

関連記事