医者も知らない医学の新常識

毛の着色メカニズムが判明 白髪染めが将来不要になる?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 髪の悩みといえば、「脱毛」と「白髪」ですが、その原因はまだ不明の点も多いのが現状です。特に白髪についてはヘアカラーなどでも対応が出来るので、あまり研究もされてきませんでした。

 日本人の髪の毛が黒いのは、色素細胞という細胞があって、メラニンという色素が髪に色を付けているからです。色素細胞は毛の根元の毛包や皮膚にある細胞ですが、アメーバのように移動するという不思議な性質があります。髪の毛が成長する時に、その色素細胞が増殖すれば毛は黒くなるのですが、その調節の仕組みはこれまで不明でした。

 昨年の遺伝子研究の専門誌に、毛の着色についての画期的な論文が掲載されました。毛の色素細胞を増殖させるには、KROX20という遺伝子が毛包の上皮細胞で働くことが必要で、それがSCFという別の成長因子を活性化させて黒い毛を作っているのです。KROX20を働かなくすると、毛は作られなくなり、SCFを働かない状態にすると白い毛になることが、動物実験で確認されました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事