年をとったら「太る」を目指す

リハビリによる低栄養を避けるポイント

ブラックコーヒーよりカフェオレ(C)日刊ゲンダイ

「そんなに量を食べられない」「1食を増やすと次の食事に差し支える」という人には、3食の合間におやつなどを食べてもらいます。

「おやつを食べると食事が入らなくなる」という人には、「食パンより菓子パン」「ブラックコーヒーより砂糖やミルクたっぷりのカフェオレ」「お茶を飲むならジュースやスポーツ飲料」というように、「同じ食べる・飲むにしてもより高エネルギーのものを選ぶ」方法を提案します。

「夜寝る前に甘い物を食べたり飲んだりする」「プロテインパウダーを使う」などの方法も、食後の胃食道逆流がなければお勧めです。

 大切なのは、本人が苦なくできる方法を選択してもらうことです。たとえば、バター、生クリーム、チーズなどは高脂肪で摂取エネルギーを増やすのに有効ですが、乳製品が苦手な高齢者にとっては、毎日取り入れるのはハードルが高い。本人やご家族の話をよく聞いて、その人の嗜好に合った実現可能な食事方法を考えるようにしています。

2 / 2 ページ

若林秀隆

リハ栄養、サルコペニア、摂食嚥下障害を特に専門とする。日本リハビリテーション医学会指導医・専門医。

関連記事