生活と健康 数字は語る

糖尿病は増えていないという事実こそ強調したい

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 若い世代での糖尿病の増加の証拠はなく、70歳を越えた高齢者、特に男性の糖尿病患者の増加は明らかというのが国民栄養調査の結果です。

「70歳未満での糖尿病が増えてはいない」というのはとてもいい結果ですが、そのいい結果は世の中になかなか流れません。それどころか、高齢者の増加と限定されずに、とにかく「国民栄養調査の結果、糖尿病が増えていることが判明した」というように情報が流れるわけで、それが70歳未満の世代にも届きます。

 そうなると、70歳未満の糖尿病が増えているなんて情報はうそということになりますが、それを「うそだ」と指摘するのはなかなか難しく、「うそというほうがうそ」と受け取られるのが関の山で、細かくデータを読み込んで、この連載のように長々と時間をかけて取り扱う必要があるわけです。それでもまだ難しい。

 糖尿病は増えているという情報ばかりが垂れ流される中、70歳未満では増えていない事実についても、ちゃんと情報提供されるべきと思います。「そんなことをしてまた糖尿病が増えたらどうするんだ」という意見があるかもしれません。もちろんその通りなのですが、世の中全体では糖尿病を心配させる情報があふれていて、そんな心配は無用でしょう。むしろ過度に心配する人があまりに多いことのほうが問題ではないでしょうか。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事