Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

古村比呂さんも苦しいと吐露 抗がん剤の「副作用」対処法

古村比呂さん(写真)高鍬真之

 抗がん剤は、つらい。そんなイメージを持っている人は少なくないでしょう。子宮頚がんで闘病中の女優・古村比呂さん(52)は、「(抗がん剤の)副作用は容赦ない」とブログにそのつらさをつづっています。「容赦ない」というのは手先の痺れだそうです。

「先ほど縫い物をしたら、手先が痺れて思うように縫えず。最近は、字を書くにも、しっかりとペンを握れなかったり」

 今月11日のブログにはこう記されています。

 一般に早期の子宮頚がんは、手術か放射線が標準治療で根治が期待できますが、3期以上でも抗がん剤と放射線を組み合わせた同時化学放射線療法で治癒率がかなり向上しています。そのときに使われる抗がん剤で最近注目されているのが、パクリタキセル+カルボプラチン療法(TC療法)です。

 古村さんがそれ以前の投稿で触れているように、メールを打ち間違えたり、物を取ろうとして落としたり。ボタンがかけにくい、転びやすい、靴がうまく履けない、といった症状に悩む人もいます。こうした症状を起こす抗がん剤は、パクリタキセルのほか、ドセタキセル、シスプラチン、シタラビン、オキサリプラチンなど幅広くあり、一度発症すると抗がん剤治療が終わっても続くことがあり厄介です。

1 / 2 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事