Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

輪島さんは手術で声失う…咽頭がんの早期発見は胃カメラで

元横綱の輪島大士さん(C)共同通信社

 もうひとつ、見逃せないのがセックスの影響でしょう。頻繁にオーラルセックスを行うと、HPVというウイルスが咽頭に感染し、がん化する恐れがあるのです。特に中咽頭がんのうち半分は、HPV感染が原因とみられています。

 喉頭がんは早くから声がかれやすいのですが、咽頭がんは進行しないと症状が出ません。声がかれるのは進行時で、ほかに嚥下時の異物感や耳の痛みが表れます。耳の痛みは中耳炎にでもなったかと思うような強さですから見逃さないでしょうが……。

 では、早期発見のカギは何かというと、胃カメラです。適量飲酒や禁煙に努めるのはもちろんですが、検診などで定期的に胃カメラを受けている人は事前に「咽頭も診てほしい」と伝えること。それが肝心です。

3 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事