愉快な“病人”たち

42歳で大腸がん手術 金哲彦さんは大量下血にむしろ感謝

手術のときは「腹筋だけは傷つけないように」と医師に伝えた(C)日刊ゲンダイ

 新幹線のトイレで便器の中が真っ赤だったのを見たときは、スッと血の気が引きました。腹痛もないのに下痢のときのような水っぽいものが出たんですよね。いわゆる大量下血というやつです。 以前からトイレットペーパーに少し付く程度の出血はあったのですが、痔だと思っていました。真っ赤な便器を見て初めて「これは痔じゃないな」と思いました。

 でも、だからといってがんだとはこれっぽっちも思わなかったんですけどね。何の痛みもないし、体調管理にも万全を期してきましたから。ましてその日は、長野で行われたハーフマラソンにゲスト出場し、それなりのタイムで完走してきたばかりだったのです。

 当時、私は42歳でした。長野から帰宅してすぐに大腸内視鏡検査を受けにいきました。経験がある人はおわかりだと思いますが、大腸の中を空っぽにしなくちゃいけないので、前日から絶食して検査当日は朝から甘ったるい下剤を大量に飲まされました。それが手術よりもつらかった。トータル2リットルぐらいでしょうか。ガブガブ下剤を飲んではトイレに行くという行為を10回以上、繰り返すのです。ビールなら2リットルぐらい軽く飲めるんですけどね(笑い)。

1 / 5 ページ

関連記事