生活と健康 数字は語る

同年齢の平均値にすると…高血圧患者は増えているのか?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 9月11日に国民栄養調査の平成29年の結果が公表されました。ここからはこの新しいデータも利用しながら書いていきます。

 20歳以上の収縮期血圧の平均は、わずかに低下傾向にありますが、ほとんど変化なく、男性135㎜Hg、女性130㎜Hgくらいで一定しています。

 しかし、10年前と比べれば、高齢者の割合が増えていますから、高齢になるにしたがって血圧が上がることを考慮すれば、血圧の平均値は下がっていることが予想されます。

 事実、年齢調整した収縮期血圧の数字が同時に示されていますが、これは年齢構成が同じだと仮定したときの血圧の平均を示しており、同年齢での血圧の平均の推移を示していると考えてよい数字です。

 その年齢調整した収縮期血圧の平均は、この10年で男性では133.4㎜Hgから130.3㎜Hgに減少、女性でも126.1㎜Hgから123.8㎜Hgと、いずれも3㎜Hg程度低下しています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事