ステージⅣがん治療を断るとどうなる

今度は左頚部に腫れ…それでもがん治療を受けない理由

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 がん宣告から5カ月。年の瀬が近づいてきた。医者の治療を受けなくともこのまま“がん”を克服できるのでは、と思われるほど順調に“回復”したように思えていたのだが、この数週間で、今度は左頚部が腫れ、徐々に大きくなり、最初にできた右頚部の腫れと同様の状態になった。

 嚥下(えんげ)に支障をきたし、特に水分が取りにくい。気管に入り、むせるのだ。甘く見ていたわけではないが、やはり“がん”は少々手ごわいようだ。だからといって私のがん治療に関する考え、気持ちには何の変わりもない。

 私ががんの治療を断り病院を出る時、医師はこう言った。

「頚部の腫れはリンパ系を通っての転移だ。大きくなることはあっても小さくなることはない」「腫れは日ごとに大きくなり、やがて破れて血が噴き出す。栄養が取れなくなり死に至る」

 その右頚部の腫れが消えたことに関しては、医師は説明できなかった。しかし、左頚部の腫れに関しては、また同じことを繰り返す。

1 / 2 ページ

笹川伸雄

ジャーナリスト。1946年、宮城県生まれ。医、食、健康のジャンルを得意とし、著書に「妙薬探訪」(徳間文庫)など

関連記事