市販薬との正しい付き合い方

「OTC医薬品」は同じ名前の薬でも同じ成分とは限らない

ロキソニンにも種類がある(C)日刊ゲンダイ

 OTC医薬品は誰でも薬局やドラッグストアで買うことができます。まさに「セルフ」メディケーションですが、言い換えれば「自己責任」ということです。つまり、きちんと症状に合った薬にたどりつくためには、自分で知識や情報を入手するか、または薬剤師に相談するか、またはその両方ということになります。

 症状に合ったOTC医薬品を選ぶために、覚えておくべき知識があります。「同じ名前の薬だからといって、同じ成分とは限らない」ということです。少し知識がある人なら、「スイッチOTC医薬品」=「医療用医薬品からOTC医薬品へと変わった薬」=「医療用と同じ成分」と考えてしまいがちです。しかし、これも誤りな場合があります。

 たとえば、医療用の「ロキソニン」(ロキソプロフェン)は、解熱鎮痛薬としておなじみの薬でしょう。ロキソニンはスイッチOTC医薬品なのでドラッグストアでも売られていますが、OTCのロキソニンには、「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「ロキソニンSプレミアム」といった種類があります。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事