クスリと正しく付き合う

副作用を知りコントロールすることで薬の本来の効果を発揮

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 薬に何らかの効果があるということは、逆に副作用もあるということです。そうした副作用を取り上げて説明しているのは、決して患者さんの恐怖感をあおろうというわけではなく、副作用について、きちんと知ることで安心してもらったり、対処方法を知ってもらいたいと考えているからです。

 副作用への対処法は、「予防」と「重症化を防ぐ」という2点です。予防法はありふれたことですが、「用法用量を必ず守る」ことと、「過去の副作用既往歴を受診時に必ず医師・薬剤師に伝える」ことです。細かいことであっても、情報共有は予防のために重要なのです。

 重症化を防ぐには、早期発見が大切になります。初期症状を見逃さず、できるだけ早く薬(副作用の被疑薬)を中止することで重症化を防ぎます。そのためには、起こりやすい副作用とその初期症状がどのようなものであるかを知っておく必要があるのです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事