松平健 若さの秘訣

音楽で認知機能改善が 新曲は老人ホームでの体操も想定

松平健さん(提供写真)

 ド派手な衣装で歌って踊る「マツケンサンバⅡ」が大ヒットしたのは2004年のこと。暮れのNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

「この前、認知症予防の専門医と話す機会があり、たまたまサンバの話になった。先生がおっしゃるには、高齢者の認知機能改善には『音楽を聴く』『曲調に乗って体を動かす』といった行為がいいらしく、特にサンバ調のああいう楽しく踊れる歌がいいらしいのです」

 満を持して先日発表したのが、「マツケン・アスレチカ」だ。アスレチカとは、まさに運動の意味。作詞・吉峯暁子、作曲・宮川彬良、そして振り付けはマジーこと真島茂樹が担当と、「マツケンサンバⅡ」と同じスタッフが全面的にバックアップ。ド派手な衣装はさらにスケールアップしている。

「マツケンサンバに関しては、高齢者層を意識して作ったものではありません。舞台公演の歌謡ショーのフィナーレを飾る曲としてふさわしい、華やかさを考えて作ったもので、実際のところ、ヒットする10年も前から歌っていた曲なのです」

1 / 3 ページ

関連記事