ニューヨークからお届けします。

米国人が牛肉消費は減らせても…ベーコンが減らせない理由

朝食の定番ベーコンエッグ

 ハムやソーセージ、ベーコンなどの加工肉の消費量が、アメリカでは18年間変わっていないという調査結果が発表され、波紋を広げています。

 調査は、米国全国健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey)が、1999年から2016年の間に4万人以上の成人を対象に行ったもの。

 それによれば、18年間にレッドミート(赤身肉)と呼ばれる牛肉の消費が減少、逆に鶏肉の消費が増加し、消費量が逆転しました。その理由として、赤身肉の食べ過ぎが心臓疾患や糖尿病、がんなどの病気のリスクを高めるという知識が行き渡ったからではないかと考えられています。

 ところが問題は、消費量が横ばいの加工肉の方。実は加工肉もレッドミートと同様に健康リスクが高いことがわかってきているからです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事