歯の疑問 ずばり解決!

歯周病は日本人の死因5位である肺炎の発症リスクを高める

誤嚥の多くはのみ込む筋力の低下

【Q】歯周病がひどいと誤嚥した際に肺炎を起こすと聞きました。本当ですか?

【A】本当です。日本人の死亡原因の第5位である肺炎(2018年厚労省発表)では、歯周病が誤嚥(ごえん)性肺炎のリスクを高めることがわかっています。本来は口から食道に入るべきものが誤って気管に入ってしまうことを「誤嚥」と言います。食べ物や唾液を誤嚥して口腔内の細菌が気管から肺に運ばれてしまった結果、肺が炎症を起こすのが誤嚥性肺炎です。

 誤嚥の多くはのみ込む筋力の低下によって起こるといわれていて、高齢者になればその確率も高くなります。実際に亡くなられた方の多くから歯周病原因菌が見つかっているため、今では「歯周病菌が誤嚥性肺炎の重症化の重大な原因のひとつ」と考えられていて、寝たきりの末に亡くなられる方の多くはこれが死因だともいわれます。

1 / 2 ページ

関連記事