ニューヨークからお届けします。

コロナに有効か…世界の研究者がプラズマ治療の臨床実験

血漿サンプルをチェックする大学病院の関係者(ドイツ・エアランゲン市)/(C)ロイター

 世界中の科学者が新型コロナウイルスの一刻も早い治療法や薬の開発にしのぎを削っている中、アメリカで最も注目されている「回復期プラズマ(血漿=けっしょう)治療」(convalescent plasma treatment)の臨床実験が始まり、大きな話題になっています。

 回復期プラズマ治療とは、一度コロナウイルスに感染した人から採った血液中にできた抗体を利用し、その血漿を患者に投与することで、ウイルスと闘ってもらおうというもの。治療自体は100年以上前からあります。

 新型コロナウイルスにこの治療法が有効ではないかと考えた世界中の研究者らが、一致団結して臨床実験へ向けて動きだし、3月下旬にはFDA(米食品医薬品局)がゴーサインを出しました。これは異例のスピードだそう。初の臨床実験は先月、ニューヨークのマウントサイナイ病院と、テキサス・ヒューストンのメソディスト病院で行われました。今後、全米の患者にも広げられる予定です。

1 / 4 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事