セックスが痛い

婦人科は専門も医師の個性もいろいろ 合わなければ次へ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 セックスの痛みで婦人科を受診したら、そんなことで来たのかと言わんばかりの、面倒くさそうな対応をされた――。

 こういった話を、少なからず耳にしたことがあります。特に疾患が見つからない場合、若い年代では「我慢すれば、そのうち慣れる」と言われ、中高年の年代では「閉経だから仕方がない」と言われる。勇気を振り絞って受診したのに、現状の痛みの解決につながらない冷たい対応をされたら、人によっては「もう病院に行かない、行っても意味がない」と思ってしまうでしょう。

 セックスの痛みで婦人科を受診しようと考えた時、私がぜひお勧めしたいのが、婦人科のホームページや、クリニックの看板を注意深くチェックすることです。

 同じ婦人科でも、得意とする分野は違います。そして、ホームページや看板には、その婦人科が得意としている分野を明示しています。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事