Dr.中川 がんサバイバーの知恵

がん患者の新型コロナワクチン接種 治療との兼ね合いは?

池江璃花子選手は最優先接種の対象(代表撮影)

 新型コロナウイルスのワクチン接種が今月17日からスタートしました。今は医療関係者で、その後、高齢者や基礎疾患がある方へと広がっていきます。各種世論調査などをみると、ワクチン接種前は、接種をためらう意見が多くありましたが、接種開始によって前向きな方が増えているのは何よりでしょう。

 そこで今回は、がん患者とコロナワクチンについて取り上げます。ワクチン接種が真っ先に必要なのは、重症化リスクが高い高齢者で、次は基礎疾患がある方です。

 厚労省は、優先接種対象となる基礎疾患を9つに分類。大項目8つ目の中の小項目にがんをリストアップ。そこに記された最優先対象基準は、以下の3つです。

・造血幹細胞移植予定者あるいは移植後半年以降の患者
・白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群などの造血器腫瘍患者
・免疫抑制を伴う抗がん剤治療を受けているもしくは受ける予定の患者

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事