新型コロナワクチンの疑問に答える

「インド型」と呼ばれる二重変異ウイルスはどのようなものか

酸素不足の危機に…(C)Prabhat Kumar Verma/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

 今月11日、WHO(世界保健機関)はインドで確認された「変異ウイルス」の監視強化を発表した。インドでは1日に36万人以上の新規感染者が確認されている。日本政府もインドとパキスタン、ネパールに過去2週間以内に滞在歴がある外国人は在留資格を持っていても再入国を14日から当分の間、原則停止にする。だが、感染はすでにじわりと広がっている。

【Q】「インド型」と呼ばれる「二重変異ウイルス」はどのようなものなのか

【A】「ウイルスの表面にある突起状のタンパク質(ウイルスのスパイクタンパク質)について、ロイシン(L)がアルギニン(R)に変異した『L452R』とグルタミン酸(E)がグルタミン(Q)に変異した『E484Q』という2つの変異が見られるのが特徴です。いずれも、新型コロナウイルスを中和する中和抗体や細胞性免疫を逃れる能力が高くなるため、ウイルスが体内で増殖しやすくなります」

1 / 3 ページ

奥田研爾

奥田研爾

1971年横浜市立大学医学部を卒業後、米国ワシントン大学遺伝学教室、ハーバード大学医学部助教授、デューク大客員教授、スイスのバーゼル免疫研究所客員研究員として勤務。2001年横浜市立大学副学長、10年から名誉教授。12年にはワクチン研究所を併設した奥田内科院長。元日本エイズ学会理事など。著書に「この『感染症』が人類を滅ぼす」(幻冬舎)、「感染症専門医が教える新型コロナウイルス終息へのシナリオ」(主婦の友社)ほか。

関連記事