Dr.中川 がんサバイバーの知恵

男女とも喉頭がん経験者トップ 2度目のがんのリスクと予防

食べ過ぎ、飲み過ぎに注意

 がんは、細胞分裂によって生じるDNAのコピーミスが原因のひとつ。分裂が多くなればなるほど発症リスクが高まりますから、高齢社会を突き進む日本でがん患者が増えるのは、ある意味必然といえます。

 そこで注目されているのが、米国の研究です。成人後にがんを発症し、治療で克服したがんサバイバーが、その後、別のがんを発症するリスクやその死亡リスクについて分析したもので、米医学誌「JAMA Network Open」電子版(2020年12月22・29日付)に掲載されています。別のがんは、転移ではなく、新たに発症した原発がんです。

 対象は、1992年から2011年にがんと診断されて5年以上生存していた20~84歳のがんサバイバー153万7101人。そのサバイバーが第2の別のがんを発症するリスクと死亡するリスクについて、同じタイプのがんを一般の人が最初のがんとして発症するリスク、死亡するリスクと比較しています。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事