ニューヨークからお届けします。

感染拡大なのに五輪続行…混乱する米国人へのメディアの説明

国立競技場前のモニュメントで記念撮影をする人たち(C)真野慎也/JMPA

 コロナ感染急拡大の中、なぜ五輪は続けられるのか? というアメリカ人の疑問に対し、その理由を説明する記事が一斉に出されています。

 ロイター通信は、五輪の“バブル”内の8割はワクチンを接種しているのに対し、日本人のワクチン接種率が3割以下と低く、またバブル内では厳しい行動制限が敷かれているが、一般人は自主規制に頼っていることを挙げています。

 ウォールストリート・ジャーナルは「五輪関係者と一般市民は“パラレルワールド”に住んでいる」というIOCスポークスパーソンのコメントを紹介。AP通信は「バーやレストランの営業短縮や酒類提供の自粛について拘束力はなく、罰せられることもほとんどない。通勤ラッシュの満員電車は変わらず、日本ではビジネスパーソンはリモートワークに移行するのが困難」と説明。繰り返される緊急事態宣言に慣れてしまい“緊急事態”がニューノーマルになっていると指摘しています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事