独白 愉快な“病人”たち

お笑い評論家の西条昇さん「キンケツ症」と告げられて思わず…

西条昇さん(C)日刊ゲンダイ
西条昇さん(大学教授・お笑い評論家/57歳)=急性腎盂腎炎/菌血症

 2019年4月に約1カ月間、入院しました。54歳のそのときまで大病をしたことがなかったので、「いよいよ弱ってきたな」と思い、気になって54歳で亡くなった人を調べてみたんです。すると、先代の林家三平師匠や先代の金原亭馬生師匠(女優・池波志乃の父)、喜劇俳優の堺駿二さん(歌手・堺正章の父)の名前があり、愕然としました。

 当時子供だった自分の目には高齢に見えましたが、今の自分の年齢だと知り、改めて若くして亡くなったことを思うと同時に、死がリアルで身近になりました。

 痛みは突然でした。大学の入学式だった日に、同僚の先生方と浅草で軽く飲んで帰った夜、腰のやや上辺り、特に左側の腎臓の内側あたりに差し込むような痛みがきました。経験したことのない痛みにロキソニン(鎮痛薬)を飲みましたが、眠れません。さらに、深夜には悪寒に襲われ、歯の根が合わないくらいブルブル震え出したのです。熱を測ると40度近くありました。

1 / 5 ページ

関連記事