Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【愛川欽也さんのケース(1)】高倉健も菅原文太も。最期まで仕事できた共通項

“キンキン”の愛称で親しまれた愛川欽也さん(C)日刊ゲンダイ

 タレントの愛川欽也さんが今年4月、肺がんのため80歳で亡くなりました。“キンキン”の愛称で親しまれた「マルチタレント」で、俳優、声優、ラジオパーソナリティー、エッセイスト、司会者と幅広く活躍。3月7日(収録は2月4日)の放送を最後に、20年間にわたって1000回の司会を務めた人気番組「出没!アド街ック天国」を降板してから、わずか1カ月後の訃報でした。

 一部報道では、「急死」と伝えられましたが、誤解です。たしかに、亡くなる2カ月余り前まで、元気に司会を務めていたわけですから、急病のように思われるかもしれません。しかし、治療法次第で、がんは亡くなる直前まで、ほぼ普通の生活を送ることができる病気です。

 愛川さんの肺がんは、全身に転移していたようですが、末期がんを抱えながらテレビで活躍したのは、愛川さんだけではありません。

 平成22年、胆のうがんで亡くなった元日本ハム監督の大沢啓二さんは、私の患者さんでした。78歳で亡くなる直前まで、テレビに出演され、「あっぱれ!」「喝!」と大声を出されていたのが印象に残っています。共演者の方々も、大沢さんが末期がんだとは気づかなかったそうです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。