Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【愛川欽也さんのケース(2)】人知れず闘病できた裏に緩和ケアあり

愛川欽也さん(C)日刊ゲンダイ

 俳優・愛川欽也さん(享年80)が亡くなったのは、今年4月15日。長寿番組「出没!アド街ック天国」の司会者として1000回出演という金字塔を打ち立てられて降板後、わずか1カ月後の訃報でした。

 当時の報道によると、死因の肺がんは昨年12月に発覚。体調が思わしくなく、受診したところ、すでに末期だったそうです。仕事第一を信念とされていたようで、仕事に穴があく入院を必要とする治療を拒否。通院で受けられる治療として、最新の放射線のひとつ、重粒子線を選択されたと報道されました。

 早期の肺がんなら、4回ほど通院して放射線治療を受ければ、手術と同じくらいの治癒率が得られますが、重粒子線治療はたった1回で済みます。愛川さんの場合は、早期ではなかったようですが、仕事優先という考えから、重粒子線を選ばれたのでしょう。

 アド街に出演を続けながら、人知れずがんと闘っていたのです。がんの正式発表は亡くなってからですが、少なくとも番組を見ていた印象からは顔色もよく、顔つきもふっくらされていて、闘病生活でやつれた様子はうかがえませんでした。この連載で紹介した今井雅之さんの会見時の様子とは、大きな違いです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。