天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

性生活は相手と場所に注意

 かつて、私が心臓弁膜症の手術をした当時70歳の男性患者さんもそうでした。弁の交換と合わせで植え込まれていたペースメーカーを取り外し、心房細動を治すメイズ手術も行って、規則正しい脈拍が戻りました。

 3年後、その患者さんがわざわざ挨拶をしにきてくれた時、幼い子供を連れていました。最初はお孫さんかと思ったのですが、驚いたことにご自身の子供だといいます。

 手術後に再婚して、子宝に恵まれたのです。心臓が元気になり、夜の生活も取り戻されたのです。

 ただし、性交が血圧を急激に上げ、心臓発作を起こす引き金になることは確かです。一般的に性行為時の酸素消費量は、相手が長年の決まったパートナーであれば、ゆっくりめのウオーキングと同じくらいだといわれています。しかし、それ以外の相手だった場合は、心臓への負担が倍増することがわかっているのです。

2 / 3 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。