天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

内科治療より手術した方が安心できるケースも

 心臓手術の“入り口”は、実際に手術を行う心臓血管外科ではなく、循環器内科(または循環器科)になります。「ひょっとしたら心臓病かもしれない」というとき、患者さんはまず循環器内科で検査を受け、診断や治療が行われます。

 循環器内科が行う治療は、薬物治療、カテーテル治療、ペースメーカーの植え込みなどの処置で、手術は心臓血管外科が行います。

 手術が必要かどうかの判断も内科医が下し、心臓外科医は原則的に最初の診断を行っていないのです。

 循環器内科は、エビデンス(科学的根拠)に基づいたガイドラインに沿って「どの段階で手術が必要になるか」の判断を下していますが、中には内科と外科の連携があまり取れていなかったり、バランスが悪い病院があるのも事実です。かかりつけ医がいる場合は、どこの循環器内科がいいかを相談するのがいいでしょう。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。