愉快な“病人”たち

評論家 樋口恵子さん(82) 胸腹部大動脈瘤感染症

樋口恵子さん(C)日刊ゲンダイ

 75歳の春、腹部に膨満感を感じたのが始まりでした。腹部全体に痛みがあり、最初は便秘からくる膨満感かと思ったけれど、どうも今まで経験した胃腸の痛みとも異なる。近所の開業医に診てもらっても、様子見という診断だったので、変わらず講演会で全国を飛び回っていました。

 ゴールデンウイークの2日前、医者をしている娘に腹部の痛みは増悪しているのかと問われ、前より痛みが増していると話すと「明後日から日本中の医者がいなくなるから調べるのなら今のうち」と言われ、夜間診療を受診しました。

 血液検査で白血球数が増え、炎症反応が出ている。MRI検査へと進み、胸部に30ミリから2センチの大動脈瘤が4個あり、胸腹部大動脈瘤感染症だと判明しました。動脈瘤が炎症を起こしていたから痛みがあったのは不幸中の幸い。なければそのまま破裂して一巻の終わりということもあるそうです。

1 / 4 ページ