漢方達人をめざせ!

夜中に何度もトイレ

「夜中に何度もトイレに行きたくなるのです。漢方薬でなんとかなりませんか?」とSさん(55)。

 Sさんは以前、夜中に何度も起きなくてはならない仕事に就いていました。

 そこで、「トイレに行きたくて目が覚めるの? それとも、目が覚めてトイレに行きたくなるの?」と聞きました。

 しばらく考えた後、Sさんは「どちらかというと、後者かもしれない」。それなら、まずは目覚めてもトイレに行かないようにしてみて、とアドバイスしました。

 膀胱に少し尿がたまっただけで、トイレに行きたくなる“クセ”がついているのではないかと考えたからです。目が覚めてもトイレに行かないようにすることで、膀胱に“もっと尿がたまってからトイレに行けばいい”と正しい認識をさせるのです。

 しばらくすると、夜中に目覚める回数とトイレの回数が減りました。しかし、朝までぐっすりと眠れるところまではいかず……。

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。