愉快な“病人”たち

プロゴルファー 田原紘さん (72) 一過性脳虚血発作 ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 6年前の3月、娘(三女の田原彰乃プロ)と一緒に練習場に行き、一息つこうと、ベンチに腰かけて娘を眺めていたんです。ところが次第に、視界が消えていく。老眼鏡をかけ始めたばかりで、メガネを忘れたかな、と思ったりしながら15~30分座っていたかな。記憶が途切れ、気がつくと周りが大騒ぎしていた。練習場の奥さんが娘に「プロ(私のこと)おかしいわよ」と忠告してくれた。娘は、単に私が疲れて休んでいるのだろうと思っていた。ところが揺り動かしても反応がない。それどころか、みるみる顔から血の気が失せ、全身の筋肉が弛緩していく。頬はたるみ、口は曲がり、見る影もなかったそうです。

 脳梗塞の一種、一過性脳虚血発作でした。
「みんなこんなに騒いで……」

 実は私、頭はハッキリしていて、いつも通り聞こえていました。救急隊員の声掛けにも、自分ではちゃんと答えているつもりだったんです。ところが実際は言葉になっておらず、周囲には危険に映った。娘は「お父さん終わった!」と思ったそうです。あの時、娘の血の気のない真っ白な顔は今でも覚えています。

1 / 4 ページ