愉快な“病人”たち

漫画家 武田一義さん (38) 精巣腫瘍 ㊤

(C)日刊ゲンダイ

 妻が子宮筋腫の切除手術をし、久々に夜の営みを……とベッドに入ったら、片方の睾丸だけが肥大していると妻に言われたんです。

 右が“うずらの卵”なら、左は“小さめのニワトリの卵”。ネットで「睾丸/腫れ/痛みナシ」と検索すると、「精巣腫瘍」というキーワードが出てきました。

 眠れなくなってさらに検索すると、睾丸ががんに侵されていることだとようやく分かり、しかも転移が早いと書いてあって怖くなった。10日後に引っ越しを控えていたので、引っ越しが落ち着いてからなんて思っていたけれど、翌日慌てて目の前の総合病院に行きました。

 検索どおり、やはり精巣腫瘍。「よくこんなに早く見つけられましたね」と医師に言われました。もし妻が毎日見ていたら、違いに気がつかなかったかもしれない。ある意味、発見には幸運が重なりましたね。

 精巣腫瘍は、一昔前なら即日手術、今も遅くとも1週間以内に手術して転移を防がなくてはならないがん。2日後には入院、5日後には手術と、仕事の休みをもらい、準備を進めました。

1 / 4 ページ