愉快な“病人”たち

元プロレスラー 小橋建太さん (47)

(C)日刊ゲンダイ

 腎臓がん発症からもう8年。摘出手術、現役復帰、そして昨年5月の引退と、今思うと生活の変化に目まぐるしいものがありましたね。昔は朝4時からトレーニング。レスラーとしてとにかく練習最優先で一日のスケジュールを組んでいたのが空き時間にトレーニングする程度に変わった。

◇がん再発かと思ったら…

 そのライフスタイルの変化のせいなのか、昨年11月、左の睾丸が腫れたんです。1週間くらい、何となく股間に違和感があった。

 それが、ある朝起きてダイニングのイスに座ろうとしたら痛い! 見ると、左の睾丸が腫れ上がっていたんです。その夜イベントに行き、イスに座る時はもう跳び上がるほど痛かった。試合で散々痛みに耐えてきた俺でもひどい痛みなわけですよ。座っていて当たるんだから、腫れ具合も相当だった。握り拳ぐらいあったかな……。でも俺は、メロンぐらいに肥大しているような感覚だった。

1 / 4 ページ