愉快な“病人”たち

司会・タレント 大木凡人さん(70) 大動脈瘤乖離

大木凡人さん(C)日刊ゲンダイ

 今年の1月19日の夕方でした。トイレに行ったら、「バーリバリバリバリ~!!」と胸が引き裂かれるような感覚とともに、今まで体験した痛みをすべて足してもかなわないほどの痛みに襲われ、「ギャーッ!」と叫びました。

 すぐに「あの……イテーこの野郎!……あの背中が……とにかく痛くて動けません」と救急車を呼びました。救急車が迷うと困るので芸名を伝え、その場で保険証を渡し、あとは身を任せるだけと思っていた。でも、病院に到着したら名前が本名と芸名が交ざり、ネットのプロフィルと年齢が違うと大騒ぎ。実は妻とは14歳も年の差があり、妻の実家に結婚の挨拶に行くにあたって、妻から4歳若くしておいてと言われまして。

 以来、プロフィルも4歳サバを読み、そのままにしておいた。それが痛みに悶えているときに健康保険証でバレ、痛みをこらえながら、弁明したんです。

 診断は大動脈解離。しかも60センチも裂けていた。左肩のあたりにも動脈瘤が見つかりました。

1 / 4 ページ