天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

欧米で行われている脳梗塞予防は左心耳閉塞術

順天堂大医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ
全国各地どの病院でも行われている治療ではない


 心臓手術後の脳梗塞を予防する手術があると聞きました。それはどんな方法で、どうしたら受けることができるのでしょうか。(73歳・女性)


 心臓の手術を受けた後、心臓が原因となる心原性脳梗塞を予防するために「左心耳縮縫術」という方法があることを前回紹介しました。血栓の多くが形成される心臓の左心耳という袋状の部分を糸で縫い縮め、血液の行き来を遮断する方法です。心臓手術に付随して行われ、抗凝固剤を服用するのと同程度以上に脳梗塞を予防します。

 ただし、左心耳縮縫術は、現時点では全国各地どこの病院でも行われている治療ではありません。

 そのため、患者さんが希望しても、断られる可能性もあるのが現状です。

 心臓の手術を受ける前に、担当医に「術後の脳梗塞を予防する治療を一緒にしてもらえませんか?」と尋ねてみてください。「それは左心耳を閉じる手術のことですね。希望されるのであればやりましょう」といった答えが返ってくれば、そのまま任せればいいでしょう。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。