Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【竹田圭吾さんのケース】膵臓がんでも最期まで仕事を続けるために

竹田圭吾さん(C)日刊ゲンダイ
番組出演が生きがい

 ニュース分析に定評があったジャーナリスト・竹田圭吾さんが10日、膵臓がんで亡くなりました。享年51。昨年9月にテレビ番組でがんを公表。抗がん剤の副作用で脱毛し、かつらを着けていたそうです。

 別のテレビ番組には、昨年12月22日まで出演。一連の報道によれば、大学時代、アメフトで鍛えた182センチ、80キロの体は病魔にむしばまれ、歩くのもつらく、テレビ局では車いすが用意され、番組終了後はスタッフの介助で荷物をカバンに詰めていたといいます。

 新年4日にはラジオ番組に出演。11日を最後に降板し、降板理由を語る予定だったとか。最期までメディア出演に意欲を見せていました。

「番組に出るのが生きがいなんだ。出ると元気になるんだ」と気力を振り絞っていたそうで、その生きざまに刺激を受けた人も多かったでしょう。

 振り返ると、2013年に一時レギュラー番組を降板し、病気療養していますから、膵臓がんが見つかったのは恐らくその前ごろ。そうだとすれば、発見から2年余りでの悲劇ということになるかもしれません。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。