サラリーマンのパワーup 食で不調を撃退する

花粉症の症状を和らげる3つのポイント

(C)日刊ゲンダイ

 前回、花粉症の人が避けた方がいい食べ物を紹介しました。では、花粉症によい食べ物は?

 まず、免疫機能を正常に保ち、バリアーの働きをする粘膜の修復に欠かせないタンパク質です。“食べだめ”ができないので、毎日取らなくてはなりません。手軽に取れて調理方法も豊富、しかも良質なタンパク質が含まれている「卵」がオススメです。目安は1日3個。コレステロール量を気にする人もいるでしょうが、昨年、「食事で体内のコレステロール値は変わらない」と日本動脈硬化学会が発表しています。

 次に、腸内細菌のバランスを整え、腸を健康に保つヨーグルトと食物繊維も、花粉症対策としてぜひ取ってほしい食品です。免疫力の7割は腸に関係するといわれています。

 市販のヨーグルトの中から選ぶ時は、いろいろなものを食べ比べて自分に一番合う乳酸菌のヨーグルトを。乳酸菌の種類によって、得意とする働きが違います。

1 / 2 ページ

佐藤智春

スタイリストとして活躍していた32歳の時、働き過ぎで体調を崩しダウン。「分子整合栄養医学」に出会い、人体と栄養の関係を学び、実践を重ねながら健康を取し、血液栄養診断士の資格を取得。現在はクライアントの血液データから栄養を厳密に把握し、食と医療、ライフスタイルを具体的に提案。著書に「卵を食べれば全部よくなる」「男は食事で出世させなさい」「身長を伸ばす7つの法則」など。