薬に頼らないこころの健康法Q&A

第1志望の高校に落ちてしまった

井原裕 独協医科大学越谷病院こころの診療科教授(C)日刊ゲンダイ


 地元の中学ではトップクラスだった私は、進学校の県立A女子高に行くつもりでした。ところが、直前にインフルエンザにかかってしまい、入試は受けられませんでした。結局、滑り止めの私立B高校に行くことになりました。学校や塾で、私と同じレベルだった友達たちは、順当にA高に受かりました。私は本当は行きたくなんかないのに、ひとりB高に行かなくてはなりません。私の人生は狂い始めたようです。


 受験とは一発勝負。思いもよらぬことが起きます。これが人生です。ただし、もう高校入学は目前です。これからすべきことを考えましょう。

 まず、A高とB高との差がどの程度かわかりませんが、一般にどこの進学校も予備校の一流講師ほど教え方がうまいわけではありません。したがって、もしB高の授業に不安があるのなら、どこかの予備校に行くのもいいでしょう。

1 / 4 ページ

井原裕

東北大学医学部卒。自治医科大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学大学院博士号取得。順天堂大学医学部准教授を経て、08年より現職。専門は精神療法学、精神病理学、司法精神医学など。「生活習慣病としてのうつ病」「思春期の精神科面接ライブ こころの診療室から」「うつの8割に薬は無意味」など著書多数。