愉快な“病人”たち

女優・大空眞弓さん(75) 乳がん・多臓器がん

大空真弓さん(C)日刊ゲンダイ
乳房を失うことも「なぜ」でなく「そうなんだ」と受け入れた

 58歳で左乳房の全摘出手術をしたのが、さまざまながんの始まりでした。

 55歳の時、人間ドックで乳房の腫瘍が見つかりましたが、良性だったので様子見にしていたんです。ところが、2年半後の検診でそれが悪性に変わっていましてね。もともと病気ばかりしているから熱が39度ぐらいあっても平気なせいもあり、痛みも何も症状はありませんでした。ただ、メークさんに「肌の色がおかしい」って言われました。何かしら変化があったんでしょうけど、自分では全く気がついていませんでした。

■「乳房を失うことに落胆はありません」

 選択肢はほかにもありましたよ。私が切除を選んだ理由は、治療期間が短くて、再発の可能性がないから。当時は連続ドラマの撮影中で、1カ月後には舞台も控えていたので、仕事に穴をあけるわけにはいかない状況でした。しかも我が家は、がん家系。その後、心配しなくていいというのが一番いいと思ったんです。それで撮影の間に無理を言って10日お休みをいただき、入院しました。

1 / 4 ページ