愉快な“病人”たち

エッセイスト・スエノブ由美子さん(48)子宮がん

エッセイスト・スエノブ由美子さん(C)日刊ゲンダイ
CT検査で腹水が膀胱を圧迫、さらに子宮がんが見つかった

 結婚2年目の5月、41歳の時のことです。友人とのカリフォルニア旅行中、1週間の滞在の間、ずっと体がだるく何もできなかったんです。何度も何度も尿意を催すけれど出ない。

 しかも、血尿も出て。自宅のあるハワイに戻って病院に行くと、膀胱炎と診断されました。

 ところが薬を飲んでも治らない。初診で何も検査をせず膀胱炎と診断されたので、再診の際にCTを撮って欲しいと頼みました。

 検査を受けると、腹水がたまって膀胱を圧迫していたことが判明。

 さらに子宮がんが見つかり、専門医の細胞診で悪性と判明しました。

 医師は、「転移がないから切除すれば大丈夫」と言ってくれましたが、術後の抗がん剤治療で長い髪を失うことの方が問題。

 通訳をしてくれる主人に、「ねえ、『髪が抜けるの?』って聞いて!」って何度も言いました。私の趣味はフラダンスで、腰までの髪は私の財産。髪がないんじゃフラもできないと思ったんです。

1 / 4 ページ