愉快な“病人”たち

タレント生稲晃子さん 焦りと恐怖が高まったがんの再々発

生稲晃子さん(C)日刊ゲンダイ

 ここ5年の間に、組織検査のための部分切除も含め、5回も手術を受けました。右胸の全摘出はさすがにショックでしたけど、さらに強烈だったのは乳房再建のために皮膚を伸ばす際の痛みでした。もう、再建を後悔したくらい。でも、今はやってよかったと思っていますよ、小さいながらも(笑い)。

 始まりは2011年1月に受けた人間ドックです。前の年に地域の健康診断に行けなくて、でも「1年ぐらい別にいいかな」と思っていたところ、かかりつけの医師から「年齢も年齢だから人間ドックを受けた方がいいですよ」とクギを刺され、渋々ながら足を運びました。

 地域の健診ではマンモグラフィー検査だけですが、人間ドックではエコー検査もあって、両方とも受けた結果、エコーで右胸に腫瘍が見つかったんです。体質や個人差で見つかりやすさも違うようなので、やはり両方受けるのが理想のようです。

1 / 5 ページ