Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【追跡調査】がんでも仕事と治療は両立できる

諦めてはいけない(C)日刊ゲンダイ

 がんの治療と仕事をどうやって両立するか。男性は3人に2人ががんになる時代、この問題は大きなテーマです。そんな中、日本産業衛生学会で注目の調査結果が発表されました。12年にわたるがん患者の追跡実態調査です。

 調査を行ったのは、東京女子医大の遠藤源樹助教。2000~11年末に首都圏を中心とする大企業でがんと診断されて休職した後、復職した20~60代の正社員1010人が対象で、復職日から5年後も仕事を継続していた人は51%でした。

 その後、体調悪化などで再休職した人は39%、依願退職は10%だったそうです。

 この調査は、大企業の正社員を対象にしているのがミソ。中小企業の人や自営業者も含めた厚労省研究班の04年の調査では、サラリーマンは30%が依願退職、4%が解雇され、自営業者は13%が廃業しています。中小企業や自営業者の方は、がんの治療によって仕事を失いやすい傾向が読み取れるのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。