数字が語る医療の真実

がん患者は介護者がいると寿命が縮む?

 緩和ケアが肺がん患者の寿命を延ばすという研究結果がある一方、意外な研究結果もあります。

 この研究は、進行がんの患者を対象に、「緩和ケアを診断直後から早期に導入するグループ」と「3カ月後に導入するグループ」で、患者の生存率や介護者のうつ症状などが改善することを示したランダム化比較試験です。

 研究に参加した患者の中には、介護者がいなかった人も含まれており、介護者の有無によって患者の生存率に差があるかどうかを後付けで解析しています。その結果は、「介護者のいる患者で生存率が高いのでは」という予想に反し、「介護者を持つ患者」で1.52倍も死亡リスクが高いというものでした。さらに、「結婚しているか否か」で分析してみると、「結婚している患者」で2.92倍も死亡リスクが高く、「結婚せず介護者もいない」患者でもっとも生存期間が長かったという結果でした。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。