Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

北斗晶さんがTV復帰 乳がん治療で失った髪は復活する

芸能活動休止以前の北斗晶さん(提供写真)

 では、どうやって予防するか。腕も脚も適度に圧迫すると、むくみが解消しますから、弾性着衣を利用すると効果的ですが、ただし過度な締めつけは逆効果なので、必ず専門家のチェックを受けたものを使用すること。肥満はリンパ浮腫を助長します。メタボ予防や適度に腕を動かすのもよいでしょう。

 それでもよくならないケースには、スーパーマイクロサージャリ―と呼ばれる形成外科手術などの治療を行います。“渋滞”しているリンパ管を近くの静脈につなげてバイパスを作るのです。

 リンパ液の通り道のリンパ管は0・3ミリで、静脈は0・8ミリ。それらをつなぎ合わせる針は20分の1ミリ、糸はその半分です。ミクロの世界の手術なので、スーパーマイクロサージャリ―と呼ばれます。

 リンパ浮腫はつらい術後後遺症ですが、対処法はありますから、乗り越えることができるのです。

3 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。