天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓を鍛えるには心拍数130を超えない適度な運動が重要

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 退院後も、有酸素運動を続けることが再発予防につながります。そのため、中にはスポーツジムに通っている患者さんもいらっしゃいます。

 ただ、注意しなければならないのが、「心臓に負荷をかけ過ぎない」ということです。負荷をかけ過ぎない=適度な運動というのは、「心拍数が130を超えない」程度が目安です。この数値は、最大負荷のひとつ手前に当たる「亜最大運動負荷」と呼ばれています。手術を受けてからまだ間もないのに、亜最大負荷を超えるような運動をして痛みがぶり返し、病院に逆戻りしたケースもありますから、慎重さが必要です。

 とはいえ、運動している最中に、自分で「心拍数が130を超えた」と判断することは難しいといえます。ですから、しっかりと心拍数をモニターしながら体を動かすようにしてください。心拍数は血圧計で計測すればわかります。スポーツジムなら、大抵は血圧計が設置されているはずです。ある程度、体を動かしたら血圧計で心拍数を計測し、130を超えそうになったら休憩するのです。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。