Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

雛形あきこさんは除菌成功のピロリ菌 胃がんとの関連は

ピロリ菌の除菌な成功した雛形あきこさん(C)日刊ゲンダイ

「無事いなくなっていました 良かったです!!」

 ブログにそう書き込んだのは、女優・雛形あきこさん(39)です。出演したテレビ番組で萎縮性胃炎とピロリ菌が見つかり、その2つが重なると胃がんの発症率が高くなることから、ピロリ菌の除菌治療をスタート。ブログの記述は、除菌成功を喜んだものです。

 今回は、胃がんとの関連性が深いピロリ菌について紹介しましょう。ピロリ菌は、6000万人が感染しているとされ、日本最大の感染症です。感染率は60歳以上で7~8割。若いほど低く、20歳以下は10~20%とされます。

 ピロリ菌に感染すると、慢性の胃炎や胃潰瘍を発症。持続的な炎症で、胃がんリスクは陰性の人に比べて最大10倍に上るのです。

 また、ストレスは、胃炎や胃潰瘍に関係するといわれます。胃潰瘍の原因といわれた時代もあり、阪神・淡路大震災の直後、胃潰瘍の患者が増加。被災や避難所生活は大きなストレスですから、古くからの推測が当てはまりそうですが、違います。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。