天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

手術で救えるのは患者本人だけではない

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 前回、お話ししたマルファン症候群のほかにも、心臓や血管のトラブルを合併して突然死するリスクが高い先天性疾患はいくつもあります。

「エーラス・ダンロス症候群」がそのひとつです。体の構造を支える結合組織成分の先天性代謝異常によって、皮膚、血管、内臓などが非常に脆くなり、さまざまな症状が表れます。皮膚が異常に伸びたり、裂けやすい。関節が過剰に緩く、脱臼しやすい。血管が脆く出血しやすい……。人によって異なりますが、こうした症状が特徴的です。

 症状の特徴から6つの型に大別され、中でも注意すべきなのが「血管型」です。血管の組織が非常に脆くなっているため、動脈瘤破裂、大動脈解離、大動脈弁閉鎖不全症などを起こしやすくなります。いずれも突然死の危険が高い疾患です。かつて、エーラス・ダンロス症候群の患者さんの手術に参加した経験があります。その患者さんは高度な大動脈弁逆流を起こしていて、悪くなった大動脈弁を人工弁に取り換える弁置換術が行われました。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。