動脈硬化に勝つ

狭窄率だけでは危険を測れない 大半が前触れなしに発症

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 血管は、外側から順に「外膜」「中膜」「内膜」の3つの層でできている。

 外膜には、血管の外から細い血管を通じて栄養分が運ばれる。中膜には血管の弾力性を保つ平滑筋細胞などの層がある。 そして、血液と接している薄い層が内膜で、その表面は一層の「内皮細胞」でできている。内皮細胞は、血液が固まって血栓ができることを防ぎ、血管を広げたり縮めたりする「ホルモン」を出して、血流をコントロールしている。最も重要なのが、内膜と内皮細胞だ。

 病気と関係する動脈硬化には、比較的太めの動脈に起こる「粥状動脈硬化(アテローム動脈硬化)」と、高血圧が長引いて脳や腎臓の細い動脈の中膜が硬くもろくなり、細くなったり破れやすくなる「細動脈硬化」がある。

 粥状動脈硬化は、高血圧や糖尿病、喫煙、運動不足、脂質異常症などが原因で血管に負担がかかり、内皮細胞が傷つくことで始まる。

1 / 3 ページ