天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

高齢者の感染性心内膜炎の緊急手術は難易度がハネ上がる

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓手術は、リスクが上がる条件がいくつも重なることで難易度がアップします。たとえば、「高齢」で「人工透析」を受けている患者さんの「感染性心内膜炎」の「緊急手術」となると、これだけで予測死亡率が35%くらいまで上がってしまいます。

 感染性心内膜炎とは、心臓をおおっている心膜や心臓の中にある弁に細菌が取り付いて感染を起こす病気で、発熱が続いたり、弁が破壊されて機能不全を起こすケースもあります。とりわけ、弁膜症の患者さんや、かつて弁を交換する手術を行ったことがある人は注意が必要です。歯科治療、風邪、外傷などがきっかけで血液内に侵入した細菌は、弁に感染巣を作りやすいのです。

 先日も、1年ほど前に弁置換術を行って生体弁に取り換えた80歳の患者さんの緊急手術を行いました。交換した生体弁が細菌に感染してしまい、しばらく抗生物質を投与して症状を抑えていました。しかし、エコー検査の結果、すでに弁がグラグラして外れてしまいそうな状態だと判明したため、手術することになったのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。