天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

再手術を考えて「癒着」が少なくなるように終わらせる

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 前回の手術で取り出し忘れたのでしょう。プラスチック製だから体に“悪さ”をしなかったのですが、これが金属製だったら危険だったかもしれません。術後、患者さんにそのことを伝えると、激高されていました。それも当然でしょう。

 心臓手術では、丁寧に慎重になりすぎて時間がかかりすぎてしまうのはよくありません。そのため限られた時間の中で“通り一遍”のことを確実に行うことが大切です。しかし、それがしっかりした通り一遍なのか、いい加減な通り一遍なのかによって、手術の“仕上がり”に大きな違いが出てくるのです。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。